浜松市の特産品である緑茶

祖母が淹れてくれる緑茶が大好きだった

浜松 特産品 : みかん工房

祖母が淹れてくれる緑茶が大好きだった : 母は3年前に病気で亡くなってしまいました : 葬儀の会葬では特産品の浜松茶を選びました

私の母方の実家は静岡県浜松市にあり、小さい頃からよく訪れていた場所でした。
私が生まれた時にはすでに祖父は亡くなっていましたが、祖母は私のことをとてもかわいがってくれました。
私は1人っ子だったため、他に孫がいなかったということもあったのかもしれませんが、子供ながらにも優しくしてくれる祖母のことが大好きだったのです。
祖母のところへ行くと私が楽しみにしていたことの1つに、祖母が淹れてくれる緑茶が挙げられます。
ジュースや炭酸飲料などのような甘い飲み物よりも緑茶を好んでいた私は、子供としては変わっていたかもしれませんが、自宅ではほとんど緑茶を飲むことはなかったのです。
祖母が淹れてくれるものが好きで、そこに愛情を感じていたのかもしれません。
浜松市には三方原合戦でその名を知られている三方原台地があり、その地域を中心とした場所で有名なのが特産品である浜松茶といえます。
温暖で他の地域と比較すると長い日照条件のもとで栽培されるこの特産品のお茶は、香り高い緑茶として高い人気を誇っているのです。
祖母はこのお茶以外の緑茶を飲むことはなかったようで、子供心にも自宅で飲むものとは味が異なることに気付いていたのかもしれません。